呼吸、麻酔分野の医療機器ならインターメドジャパン

   

Case Report / User's voice
ケースレポート/ユーザーズボイス

このサイトでは、医療関係者の皆様にお役立ていただける製品に関する情報を提供しております。
  ※記載されている先生のご所属及び役職は作成当時のものです。

笹川 智貴 先生

旭川医科大学病院 麻酔科蘇生科 准教授
          
         

 

持続大腿神経ブロックと持続腕神経叢ブロックでE-cath®をご使用いただき、CON(カテーテルオーバーニードル)のメリットとアプローチのしやすさなどを解説くださいました。

詳細を見る

古賀 聡⼈ 先生

兵庫県⽴⻄宮病院 ⿇酔科 医⻑
          
         

 

Catheter-over-needle(CON)タイプのE-Cath®が従来のCatheter- through- needle(CTN)タイプより薬液漏れやカテーテル位置異常の起こりにくさなどの違いを実際にご試用いただいた3症例からご評価いただきました。

詳細を見る

酒井 規広 先生

総合大雄会病院 麻酔科・集中治療科 医長
          
         

 

カテーテルオーバーニードルのE-Cath®を実際に2症例で取り上げていただき、製品がカテーテル留置安定性と薬液投与の確実性が向上したツールであることをご紹介いただきました。

詳細を見る

佐倉 伸一 先生

島根大学医学部付属病院 教授 手術部 部長
          
         

 

カテーテルオーバーニードルE-cath®の有用性を持続末梢神経ブロックで実際にご使用いただいた症例から解説いただきました。

詳細を見る

椀田 かおり 先生

河内総合病院 看護師長
          
         

 

ユーザーが感じるAquaprim®ネブライザシステムの使用メリットを安全性と利便性の面からご感想をいただきました。

詳細を見る

佐藤 輔 先生

愛知医科大学病院 精神科認定看護師
          
         

 

リユーザブルの抑制帯からシングルユース抑制帯であるリムホルダーへ切替えいただいた経緯や背景などをお話いただきました。

詳細を見る

宮崎 正寛 先生

社会医療法人きつこう会 多根総合病院
感染管理認定看護師 特定看護師
          
         

 

超音波ネブライザを使用されていた施設で感染管理面や機器管理面からジェット式ネブライザへの変更を検討・実施した施設において感染管理認定看護師で院内全体の感染管理を行われている宮崎Nsにインタビューを実施しました。

詳細を見る