呼吸、麻酔分野の医療機器ならインターメドジャパン

温風加温システム

メーカー一覧

製品一覧

体温管理

注目製品

Mistral-Air®ウォームエアシステム

Mistral Air® ウォームエアシステム

株式会社インターメドジャパンは、 周術期において患者を温めるためのソリューションを提供しています。Mistral Air® ウォームエアシステムの温風加温ユニットは置き場所を選ばない薄型デザインのMA1200のタイプがあり、ブランケットは、Mistral Air®ブランケットプラスとMistral Air®プレミアムブランケットの2タイプがあり、合計21種類の豊富なラインナップを提供しております。

ブランド:The37 Company

ウォームエアユニット
MA1200 / MA1200-QC

販売名:TSCIウォームエアシステム
医療機器認証番号:223ACBZX00076000 クラスII

薄型で縦置きタイプのユニットです。ホースがワンタッチで取り外せるクイックコネクタタイプもご用意しております。

設定温度は送風、32℃、38℃、43℃の4段階で、電源ON時は38℃でスタートする設定になっています。

  • 設定温度に到達する時間を短縮(MA1100との比較)
  • HEPA H13クラスのフィルタを使用
  • フィルタは2,000時間まで使用可能

 

EN1822-1
2009
捕集効果%

ISO29463-1

2011

総合評価 局部評価
E11 ≧95%  – ISO15
≧99% ISO20
E12 ≧99.5% ISO25
≧99.9% ISO30
H13 ≧99.95% ≧99.75% ISO35
≧99.99% ≧99.95% ISO40
H14 ≧99.995% ≧99.975% ISO45
≧99.999% ≧99.995% ISO50

 

ブランケットプラスの特長
(ベースデザイン)

販売名:TSCIウォームエアシステム
医療機器認証番号:223ACBZX00076000 クラスII

 

偏向ドット(熱圧着部)

ブランケットごとに効率的な温風の流れをシミュレーションしており、温風ルートの閉塞や滞留を防止するとともに、ブランケット内がより均一な温度になるようデザインしています。 null

 

プレミアムブランケットの特長

販売名:TSCIウォームエアシステム
医療機器認証番号:223ACBZX00076000 クラスII

反射断熱機能

ブランケットプラスにアルミニウムをトップコートすることによって、ブランケット内部の熱が外部に放出しにくくなっています。その為ブランケットの端部までより均一な温度を維持しやすくなっています。 また、プレミアムブランケットは、保温にも加温にも使用できるため、周術期の低体温予防においてオールインワンのソリューションを提供します。 特に術前の保温により、患者の末梢温を高く保つことをサポートします。

  ブランケットの内側温度(患者側:左)と外側温度(術者側:右)
アルミニウムコーティング
    室温19℃ 自社測定

 

再分布性低体温とは?

 

麻酔開始後、最初の1時間で中枢温が約1℃低下することはよく知られています。これは「再分布性低体温」と呼ばれ、麻酔作用の一つである血管拡張によって中枢温が末梢に分散することで起こります。
手術開始直後から「温風加温システム」を使って患者を温める方法は最もポピュラーですが、この方法では、コア部から末梢組織への内部還流による、初期の中枢温低下を防止することはできず、復温にも時間を要します。
一方で、麻酔導入前に末梢組織をほぼ中心部の温度に近づけることにより、再分布低体温を低減できると言われています。※1

 

 

 

再分布性低体温が起こる仕組みとその予防策

再分布性低体温は、麻酔による血管拡張作用と血液循環によって、この温度較差が平均化されることで起こります。

そのため、中枢温と末梢温の較差が大きければ大きいほど起こりやすくなります。※1






術前   麻酔導入   血液循環   再分布性低体温
コア部分は温度が高く、末梢部分は温度が低い
 
コア部分の温度が末梢部分へ流出
 
混ざり合わさってコア部分の温度が低下していく
 
この状態からの復温には時間が掛かる
                 





術前   術前加温       麻酔導入
コア部分は温度が高く、末梢部分は温度が低い
 
麻酔挿入前に末梢部分の温度を上昇させる
 
コア部分と末梢部分の温度差がほぼ無い状態
 
混ざり合った状態でも全体の温度は下がらない

 

末梢皮膚組織を温めることで、この温度較差が小さくなり、麻酔導入後の温度低下を緩和することができます。※1
しかし、日本においては麻酔準備室が無い施設が殆どであり、麻酔導入前に十分に加温するためのスペースと時間的余裕がありません。また、麻酔準備や輸液ルート確保、体位固定準備中に加温することが難しいのが現状です。

2017年の米国周術期看護師協会(AORN)ジャーナルの記事でも、手術患者の最大70%が偶発性低体温を経験していると報告されています。※2

術前(麻酔導入前)に末梢温を下げないことが周術期体温管理の重要なポイントになります。

 

※1 Sun Z, Honar H, Sessler DI, Dalton JE, Yang D, Panjasawatwong K, Deroee AF, Salmasi V, Saager L, Kurz A.

  Intraoperative Core Temperature Patterns, Transfusion Requirement, and Hospital Duration in Patients Warmed with Forced Air.

  Anesthesiology 2015;122(2):276-85.

※2 AORN J. May 2017; VOL.105 NO.5, Inadvertent Perioperative Hypothermia: Current Nursing Knowledge, 453-463

 

Virtual37® Temperature Management Tool(体温管理ツール)

Virtual37は、患者の体温管理ツールです。

体温管理にあたる医療従事者を支援するためにThe37°Companyが開発した専用アプリケーションです。
表示言語は英語表記となっておりますが、視覚的にお使いいただけるものとなっており、日常の医療業務においてこのツールをご使用いただくことが可能です。

Virtual37

 

アプリの詳細はこちら(Englishサイト)
※日本国内では未承認・未発売製品の情報も掲載されています。

The37° Companyについて

The37℃ompanyは、患者の体温管理において20年以上の経験を持ち、患者の体温管理のためのソリューションを提供するヨーロッパのリーディングカンパニーです。また、Mistral-Air®はヨーロッパで急速に成長している温風加温システムのブランドです。The37℃ompanyの中核事業は、患者を正常体温に保つためのソリューションを提供することであり、絶え間ない改良に取り組み、患者の転帰の改善や医療費の削減を実現するために、絶えず医療の専門家と協力しています。

 

3つのソリューション

■ Mistral Air®・・・温風加温システム

■ Fluido®/Fluido®Compact・・・輸血・輸液加温シシテム

■ Thermoflect®・・・反射断熱療法

 

The37℃ompanyは5か所の製造工場を有し、Mistral-Air®温風加温システムを世界50か国以上で年間550万人以上の患者様にお届けしています。

 

The37℃ompany Webサイト

The37℃ompany 会社紹介ビデオ

※日本国内では未承認・未発売製品の情報も掲載されています。